スタンドの紹介

社長挨拶

エスケイ工事株式会社
代表取締役 武藤裕之

当社は、日鉄建材株式会社(日本製鉄グループ)のグループ会社として、国内で最大座席数の仮設スタンドを保有し、設計・施工・維持管理まで一貫したサービスを手掛ける会社です。
1964年東京オリンピック・パラリンピックをスタートに、1972年札幌・1998年長野冬季オリンピック及び国体・インターハイ・モータースポーツの祭典であるF1日本グランプリ等のビッグイベントを通じて、豊富な実績を積んでまいりました。国内のゴルフトーナメントにおいては、当社の仮設スタンドが最も多く使われています。
これから国内ではラグビーワールドカップ2019日本大会や東京2020オリンピック・パラリンピック大会等の大規模な国際スポーツイベントが予定されています。
今までの豊富な経験を活かしより多くの人々に感動と興奮を与えられる裏方として、お客様のさまざまなニーズに合った仮設スタンドを提供してまいります。

沿 革

1955年 日本ビテイ(株)設立
1964年 日本で最初に仮設スタンド保有(約27,000席)
東京オリンピック・パラリンピック開催(国立競技場他13会場27,000席施工)
1965年 東京オリンピック・パラリンピック以後、国民体育大会開閉会式会場に採用される
1972年 札幌冬季オリンピック開催(12会場10,000席施工)
1972年 プロゴルフトーナメントに採用される
1977年 日本ビテイ(株)が住金鋼材工業(株)へ統合
1988年 鈴鹿F1日本グランプリに採用される
1997年 住金鋼材工業(株)が住友金属建材(株)に商号変更
エスケイ工事(株)設立
住友金属建材(株)グループの一員となる
1998年 長野冬季オリンピック開催(ビックハット他13会場30,000席施工)
2006年 日鐵建材工業(株)と住友金属建材(株)の事業統合により、日鐵住金建材(株)発足
日鐵住金建材(株)グループの一員となる
2019年 日鐵住金建材(株)が日鉄建材(株)に商号変更
日鉄建材(株)グループの一員になる

グループ企業